突然のトラブルといえばトイレ水漏れ|トイレは消耗品

インテリア

水漏れを治す

トイレ

トイレの水漏れはなかなかおこらないものだと思われがちですが、築年数が経っている家などでは結構な頻度でトイレの水漏れが起こるケースがあります。トイレのトラブルをいまだに経験したことのない人でもトイレは消耗品と考えたほうが良いです。このためいつトイレ水漏れが起きてもおかしくはありません。トイレ水漏れが起きやすい場所は、トイレの給水管接続部分や、トイレの止水栓、トイレの排水管接続部、トイレタンクの蓋からの水漏れなどです。配管などのトイレ水漏れに関しては、仮補修するために、水漏れ用の自己融着テープを常備しておくことをおすすめします。自己融着テープはホームセンターなどで市販の物が売られていますのでそれを活用します。

トレイ水漏れは給水管や排水管の接続部の水漏れの場合はパッキンが劣化して水漏れしていることが考えられます。そのためパッキンを常備しておくことが重要です。また止水栓からの水漏れに関しても同じくパッキンの劣化が考えられますので、これも注意が必要です。止水栓はパッキンの劣化以外にもナットが緩んで水漏れしている事も考えられるので、ウォーターポンププライヤーで締め付けの確認をしてみます。もしナットの緩みだった場合はそれで水漏れがなおることもあります。トイレ水漏れの詳しいパッキン交換手順などはインターネットで検索してそれを参考にすると良いです。配管接続部に自己融着テープを使用しても一時的に水漏れを修復することは可能ですが、やはりパッキン交換をしたほうが確実です。交換する際はタンクの水を抜いておかなければならないという点に注意します。

部屋を換気するために

換気扇

換気扇には、壁に設置するタイプと、天井に埋め込むタイプがあり、設置する場所によって使用するものが違います。換気扇を激安で設置したい場合には、工事業者のホームページで価格を調べたり、見積もり依頼をして比較すると、安く利用できるメリットがあります。

Read More

キレイに保てます

部屋

大阪には多くのフロアコーティングがあります。大阪に住んでいる方は当然ですが、近県に住んでいる方々であっても大阪の業者に依頼することも出来ますから、サービス内容や価格などを比較してからフロアコーティングを行ってくれる業者を決めましょう。

Read More

室内を快適にする工事

部屋

高齢者の多い愛知ではバリアフリー化のリフォーム工事も多く、室内を快適にすると足腰の不安も解消できます。多くの人が利用する理由は豊富なリフォーム業者が存在するためであり、愛知には自由な選択肢があります。

Read More